「海藻から作られる和菓子」

- ヘルシー通信 -

登録番号:SL18-X03-015

Monthly Column (2018年5月25日号)

6月16日の「和菓子の日」に因んで和菓子の話題です。和菓子にもいろいろ ありますが、家庭でも手軽に作れるものをと調べてみると、寒天を使った レシピがありました。寒天は、ところてんと同じく海藻の一種であるテングサ などから作られ、ようかんやゼリーなどの材料としても知られます。

寒天の生みの親となるところてんは中国から伝わったのですが、寒天は日本で 生まれました。それは江戸時代初期、冬の京都で、外に出していたところてん が凍り、やがて乾物になっていたのを見つけた旅館の主人のひらめきによって 編み出されたと伝えられます。

食物繊維の豊富さに加え、抜群の吸水力から、肥満防止や便秘改善などが期待 されています。寒天とあんで作られたものがようかんですが、近年ではトマト 寒天が話題になるなど、色々なものを混ぜられるのも寒天の優れたところ。 熱中症が心配なこれからの時季、水分補給をしにくい高齢の方などには緑茶 寒天が喜ばれているようです。